2018年06月26日

テクノロジーが審判に代わる日

どうもこんにちは。

営業担当の宮澤です。



W杯盛り上がってますねー!

私もサッカーは(観る専門ですが)かなりの大好物なので、

連日寝不足の日々が続いております。。



日本代表に関して言えば、大会直前の監督解任やメンバー選考に批判が殺到し、

期待値はほぼゼロに近かったにも関わらず、ふたを開けてみれば並み居る強豪を抑えての決勝T進出!

最終戦の戦い方には賛否あるものの、主力を温存して決勝T進出したというこの結果が全てですよ。

西野監督は素晴らしい。本当に良かった!



ちなみにですが、個人的にこれまでのシーンで最も印象的だったのは、

散々マスコミやネット民たちから叩かれまくってた本田選手のセネガル戦での同点ゴール!

これまでの批判を全てはねのける劇的同点弾を決めたことによって、マスコミは分かりやすく手のひらを返し、

ネット民たちからは謝罪の声が続出していましたよね。いや〜、本田△!!!決勝Tも期待してます!



さて、そんな大盛り上がりを見せるW杯ですが、

今大会から導入されたある制度が注目を集めております。

それがVAR(Video Assistant Referee)と呼ばれるものですが、

まぁ要は“ビデオ判定制度”のことですね。



サッカーの歴史をさかのぼってみると、本当に数多くの選手・クラブ・国が誤審に泣かされてきました。

PKであるはずのファウルが見逃されていたり、明らかにオフサイドだったゴールが認められてしまったり。。

他にも挙げればキリがないのですが、それらを解消するために導入されたのがこのVAR制度です。



フィールドにいる主審・副審とは別に、別室のモニタールームに4名のVARスタッフが待機し、

複数のモニターで常時試合を監視しています。



試合中、主審が以下の場面においてVAR判定が必要と判断した場合にのみ、

この制度が適用されます。


1.ゴール判定(ゴールかどうか)

2.PK判定(ペナルティキックかどうか)

3.レッドカード判定(退場かどうか)

4.人違い(そもそも人間が違う)


例えばペナルティーエリア内で選手が倒れた際に主審がその場で笛を吹かなくても、

その後「やっぱりちゃんと確認しておこう」と判断すれば試合を一時中断し、

直ちにVARスタッフによるビデオ判定が行われジャッジがくだるというものです。



さらに前回大会からはシュートしたボールがゴールラインを割ったかどうかを判定するゴールラインテクノロジー、

「ホークアイ」が導入されるなど、サッカー界ではテクノロジー化が確実に進んでいるといえます。

そしてこのテクノロジー化はなにもサッカーに限ったことではありません。



有名なところでいえば、メジャーリーグでは2015年から審判のジャッジに納得がいかない場合に、

監督側がビデオ判定を要求することができる「チャレンジ制度」が導入されておりますが、

日本のプロ野球でも今シーズンからビデオ映像を利用するリプレー検証「リクエスト」が導入されました。



その他にも、以前から相撲やアメフトの試合にビデオ判定はすでに導入されてますし、

テニスではインとアウトのジャッジにも前述した「ホークアイ」の技術が使われています。



このようにスポーツの試合にもはやテクノロジーは欠かせない存在となったわけですが、

「審判を全てテクノロジーに代える」となるとまた世間は賛否両論となるから面白いですよね。

人の目には限界があるという意見がある一方で、人のジャッジにこそ味があるという意見もありますし、

何よりスポーツの試合のほとんどが「興行」なわけで、毎回ビデオ判定で試合が中断されると冷めてしまう、

というオーディエンスの声も無視することはできません。



とまぁここまで記載してきた内容を踏まえた上での超個人的な私の意見ですが、

判定のほとんどはテクノロジーに任せてしまって、それらを駆使して最終ジャッジをする人が一人、

主審として存在していればいい気がしてます。

要するに「副審」のポジションを全てテクノロジーに代えてしまう

というようなイメージですかね。



審判の人間味も興行のうち、という意見も分からなくないですが、

例えば審判によってストライクとボールの感覚が違うとか、それこそその日の審判の気分によって判定が変わる、

みたいなことは真剣勝負で試合に臨んでいるスポーツ選手からしたらたまったもんじゃないですよね。。



過去には歴史を変えてしまった誤審も多く存在しているわけで、

「人間味」のある判定によって泣きを見る選手の姿をこれ以上見たくない、

というのが私の本音です。



こんなことを言うと副審を務めている方々の職を奪うのか!という声も聞こえてきそうですが、

これはどの業界・職種にも言えることで、AI・テクノロジー技術の発達による「職」の代替えは、

どんなに頭を下げたところで待ってくれるものではありません。



今までの常識が常識でなくなる日もそう遠くないわけで、そのためにも人間ができることは何か?

どうすればテクノロジーと人が共存していけるのか?ということは常に追求しておきたいものですね。



それでは今回はこの辺で。

次回のブログを書くころにはW杯の優勝国が決まってるんですね。

よし、優勝国はずばり「ベルギー」と予想してみる!

あ、でもそうすると日本敗退か。。さてさて「審判」やいかに。



posted by CBIT宮澤 at 10:36 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

AIはどのくらい世の中に浸透したのか

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

このブログでもお知らせしました通り、
当社は、6月12日・13日の2日間、『賃貸住宅フェア』に出展しておりました。
東京は梅雨入りし、開催前日は雨だけでなく台風が接近している(!)という
超悪天候の中で荷物の積み下ろし作業をしなければならず、本当に大変でしたが、
フェア当日は2日間とも暑くも寒くもないちょうどよいお天気で、たくさんの来場者で賑わいました。
この展示会は“不動産オーナーと不動産業界で働く人の展示会&セミナー”ですが、
数か月に渡り開発してきた当社のAIチャットボットを初めて皆さまの前にお披露目する
という記念すべき日でもありました。

#「チャットボットって何?」という方は、前回の投稿をご覧ください。

さて、初お披露目の当社のAIチャットボットですが、
ブースに大きく掲げたキャッチコピーは入居者からのお問い合わせをAIで効率化
会場では、これを目にして立ち止まり「AIでどんなことができるの?」という反応で
ブースに立ち寄っていただく方が多くいらっしゃいました。
AI」はやはりキラーワードですね(笑)
おかげさまで予想を遥かに上回る反響ぶりで、お客様対応で終始てんてこ舞でした。

ただ、つかみはOKだったのですが、その後に立ちはだかる“壁”が見えたことも確かです。
その“壁”とは、まだまだAIに過度な期待をしている方が多いということ。
AIチャットボットの説明やデモをし始めると・・・

「大方のことはAIがやってくれるんでしょ?」
「質問したことには何でも答えてくれるんだよね?」

という反応をする人が思ったより多く感じました。

「不動産業界はITの導入が遅れている」とよく言われますが、
「不動産テック」という言葉が登場してからは急速にIT化が進んできているという印象だったのですが、
実際は知識や意識も発展途上ということなのでしょうか。
それとも、AIの認知度がまだまだなのか・・・

以前このブログでもご紹介しましたが、
2016年にガートナー ジャパン株式会社が発表した『人工知能 (AI) に関する10の「よくある誤解」』を
思い出してしまいました。

AIとは「すごいもの」としての認識がまだまだ拭い去れないでいる方も多いということかもしれません。
ただ、課題も感じましたが、来場者の方を通して体感できたことは良い学びとなりました。
これらを踏まえて、サービスにフィードバックしていきたいと思います。

ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました!



posted by CBIT池田 at 14:28 | Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

ナレッジリングのチャットボットをお披露目

 こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。
6月ですね。沖縄、九州、四国ではすでに梅雨入りしておりますが、
来週からそれ以外の地域も続々と梅雨入りの予報です。
『tenki.jp 「梅雨入りと梅雨明け(速報値) 」』
じめじめとした気候となり食べ物も痛みやすい季節です。
食あたりなどには気をつけたいところです。

 さてナレッジリングのプロモーションサイトでも
告知をさせていただいておりますように
下記日程にて展示会に出展いたします。

『賃貸住宅フェア2018』
日時 : 2018年6月12日(火)・13日(水) 10:00〜17:00
主催 : 株式会社 全国賃貸住宅新聞社
会場 : 東京ビッグサイト 西1・2ホール

展示会ではナレッジリングのチャットボットを初めてお披露目する予定です。
このブログでは以前から
ナレッジリングへのチャットボットの導入について検討中という記事を
投稿させていただいておりましたが、
なんとか形になりようやくお披露目できる運びとなりました。
チャットボットという言葉、少し前からよく聞くけれども、
具体的にどのような特徴があって
何が出来るか良くわからないといった場合も多いかと思います。
簡単に解説させていただきます。

【チャットボットとは】
 チャットボットとは「対話(Chat)」する
 「ロボット(Robot)」という2つの単語を組み合わせた造語で、
 テキストや音声を通じて自動的に会話を交わすことが出来る
 プログラムの事です。

【チャットボットの歴史】
 チャットボットのルーツは
 1966年にジョセフ・ワイゼンバーグが開発した「ELIZA」が起源とされます。
 チャットボットは当初自然文での会話が出来る点で画期的でしたが
 自然文での雑談などデモンストレーション的な取り上げられ方が
 多かったようです。
 しかし、近年ではLINEやFacebookが2016年に
 SNSサービスを使ったチャットボットを簡単に開発出来るツールキットを
 公開した事で 企業や個人によるチャットボットの利用が
 爆発的に増えました。
 2016年はチャットボット元年と呼んだりする事も多いようです。

【チャットボットの種類】
 「夢みるプログラム ~人工無脳・チャットボットで考察する会話と心のアルゴリズム
 によるとチャットボットは4つの系統に大別されます。
  • Eliza型(聞き役として相づちや会話の要約をする)
  • 選択肢型(決められたシナリオによって選択式で会話をする)
  • 辞書型(登録された単語とそれに対する応答をする。)
  • ログ型(会話ログを利用して文脈に近い応答をする)
 上記の分類に加え機械学習型のアプローチとしてマルコフ連鎖などが有名です、
 ただしマルコフ連鎖には限界があるため再帰型ニューラルネットワーク(RNN)を
 用いた機械学習型を用いる場合が増えてきています。
 また、プログラム型と機械学習型を組み合わせた混合型も
 多く用いられるようになって来ています。
 ちなみこの分類で行くとナレッジリングのチャットボットは
 混合型という分類になります。

【チャットボット導入のメリット】
 チャットボット導入のメリットとして良くあげられるものは
 下記の3つが多いと思います。
 ■業務効率の効率化
チャットボット導入による人員削減
 ■顧客接点の増大
ホームページで良く聞かれる内容をチャットボットで応答する事により
24時間365日の対応が可能。
 ■検索疲れの抑制
情報量が多いページの場合分岐FAQや検索ボックスからの検索ですと
迷子になりがちです。
チャットボットを使って問い合わせ者が必要とする情報にガイドする事で
ユーザーの検索疲れは抑制され
ユーザーエクスペリエンスも向上します。
賃貸住宅フェアに出展するナレッジリングのチャットボットはこのタイプになります。

 近年ビジネスシーンでのチャットボットの利用は増えており
今後も増加傾向となります。
もし、自社のホームページやナレッジ・ベースの情報量が多く
検索疲れしているというお悩みをお持ちでしたら、
この機会に是非チャットボットの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

それでは今回はこのへんで。

posted by CBIT鈴木 at 17:30 | Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする