2019年07月19日

不完全情報ゲームと人工知能

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

もうすぐ7月も終わりですが今月はずっと天気が悪かった気がします。
暑すぎる夏も困りものですが、天気の悪い夏もなんだか調子が狂ってしまいますね。
8月は夏らしい天気になると良いのですが。

さて、今回はポーカーの6人ゲームでプロに勝利した人工知能Pluribus」について。
碁や将棋などのボードゲームで人工知能が人間に勝利したというニュースは
比較的よく目にすると思います。(AlphaGoが有名ですね。)
ですが、ポーカーなどのカードゲームで人工知能が人間に勝利したというニュースは
あまり見かけた事がないのではないでしょうか。

これは、碁や将棋などのボードゲームは試合全体の情報が競技者にすべて共有される
「完全情報ゲーム」と言われ、競技者に共有されている試合全体の情報から
最適な手を演算する能力に優れる人工知能が有利なためではないかと推察されます。
一方、ポーカーのようなカードゲームではプレーヤーだけが見られる手札の存在もあり
試合全体の情報が競技者間で共有されない「不完全情報ゲーム」と言われ
人工知能が人間を打ち負かすのは難しいゲームと考えられてきました。

ポーカー人工知能とプロの対決も2007年頃から何度か行われて来ましたが、
ポーカー人工知能が初めてプロに勝利したのは2017年1月と言われています。
この時はカーネギーメロン大学が開発した「Librutus」が
ポーカーの1種であるテキサスホールデムのノーリミットルール
(賭け金を全額までかけることができるルール)で4人のトッププレーヤーに勝利しました。
しかし、この時はポーカーは通常6人〜10人のプレーヤーで競いあうところ
この時はプレーヤーと人工知能が1対1で競いあうヘッズアップという
あまり一般的ではないゲームであったためプロのプレーヤーからは
「ポーカー人工知能のプロに勝利した」
という表現に違和感を覚える人も多かったと言います。

時を経て2019年7月11日、今度はFacebookとカーネギーメロン大学が共同で開発した
ポーカー人工知能「Pluribus」が今度は人工知能対人間5人、人工知能5対人間1で
ゲームを戦い勝利。今度こそは晴れて「ポーカー人工知能がプロに勝利した」と言えそうです。
ここまで来れば人工知能が不得意とされる不完全情報ゲームにおいて
プロに勝利した例として認知して差し支えないのではないでしょうか。
これについてFacebookはコメントで
「このイノベーションは複数の要因や隠れた情報が複雑に絡みあう現実社会の問題、
 例えばサーバーセキュリティや災害予測、オンラインオークション、
 交通渋滞問題などに応用していける」
としています。今後これらの分野での応用が期待されます。

それでは今回はこのへんで。



posted by CBIT鈴木 at 17:44 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

AIが新卒採用にもたらす影響とは

お久しぶりです。
営業兼採用マネージャーの宮澤です。

最近採用担当として非常に嬉しい出来事がございまして、
実はなんと、弊社設立以来初めてとなる新卒を1名採用しました!!
(厳密に言うと内定承諾予定ではありますが・・)

いやー新米の採用担当としてこれ以上喜ばしいことは本当にないですね。
今や採用は完全な「売り手市場」ですし、学生には多くの選択肢がある中で、
ウチの会社を選んでもらえるなんて感謝しかありません。
これからも責任を持って大事に育てていきたいと思います!


さて、ここからが本題です。
これまでも私のブログではたびたびAIと人事・採用関連のテーマを題材にしてきましたが、
今回は特に新卒採用に特化した「AI×新卒採用」という観点でお話していきます。

まずはじめに、新卒採用にAIを導入する企業が増えたきっかけとなったのが、
ソフトバンクが2017年に実施し話題になった、
IBM Watsonを使ったエントリーシート(ES)の自動判定と言われています。

ESを人ではなくAIが判定するというこれまでにはなかった取り組みで、
賛否はあったものの話題になったのは事実であり、その影響を受けてかどうかは分かりませんが、
サッポロビールも新卒採用にAIによるES自動判定を導入しています。

結果、ソフトバンクはES選考の時間を75%削減し、
サッポロビールもソフトバンクほどではないものの、40%削減の効果があったようです。

ES自動判定を導入するだけでこれだけの効果がもたらされるのであれば、
特に大手企業を中心に今後もAIの導入が進んでいくであろうことは容易に想像ができますね。

そしてこのES自動判定の導入が企業側で加速していくと当然学生側にも大きな影響を及ぼします。

これまでは人がESを読んで選定していたことで少なからず生じていたいわゆる“不平等さ”が、
AIの場合は一切排除されます。

また、過去のESをマネて提出したとしても、
そのあたりのウソはAIが確実に見抜くでしょう。

さらに、企業側は当然AIに“自社に合う人”や“活躍している人”のデータを学習させていますので、
ES選考を通過するにはこれまで以上の企業研究が必要不可欠となってきます。

つまり、人の目はなんとかごまかせていたES選考も、
“AIの目”まではごまかせないのでES通過のハードルが確実に高くなっていくということです。

そして今後はESの自動判定だけでなく、
学生がSNSなどで公開している情報からAIが行動パターンなどを解析し、
マッチしそうな学生をリストアップするタレントアグリゲーションと呼ばれるサービスや、
学生のスキル・行動特性・気質までを丸裸にするAI適性検査のサービス等を導入する企業も、
これから益々増えていくのではないかと私は予想します。

ここまで来るともはや学生が“うわべだけ”塗り固めれば内定をもらえる時代は終わり、
本当にその企業が欲しい人材だけが選ばれていくシビアな時代に突入していきます。

でもこれって、単に学生側の内定をもらえるハードルが上がるよねっていう話ではないのです。
入社してから「やっぱり違った」という状況に陥るいわゆる「ミスマッチ」確実に減り、
むしろ双方にとって無駄な労力と時間をかけずに済むという、大きなメリットがあります。

つまりまとめると、

AIの導入→ミスマッチ採用の削減→業務効率化→労働生産性の向上→働き方改革の実現

という、今の時代にあった新卒採用へとこれからシフトしていくことが予想されます。

かく言う弊社は今のところAIの導入はまだ全くないのですが(苦笑)、
いずれ人数が増え、採用数も増えてきたタイミングで、
間違いなくAIのお力添えが必要不可欠になるであろうと感じております。

さて、その為にもまずは20卒をあと1名、アナログな方法で採りにいきますかね。笑
それでは今回はこのへんで!



posted by CBIT宮澤 at 16:01 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする