2014年07月16日

情報共有のフレームワーク

ITコンサルタントの庄山です。

前回(先月)、フレームワークについて書きましたが、


今回は、その続きを書きたいと思います。


お客様からご相談があると、その状態把握とでもいいましょうか、

フレームワークにはめ込んで考えてみる!と前回書きました。

では実際にどんなフレームワークかというと、こんな感じです。

FW_TOP.png

※実は、このシートもキレイにまとめ直したんですよね(苦笑

4つの軸を使って、そこにご相談企業様の状態や状況をマッピングしていきます。

1.戦略
2.推進役
3.IT
4.組織

これをレーダーチャートに落とし込み・・・

まぁ、細かい話しは次の機会にするとして、

まずは、この4点をもって診断するわけです。

この4つの軸があれば大概のケースは網羅され、

その企業の”強み”と”弱み”がハッキリします。

毎回、御相談や営業の際に使うわけではありませんが、

客観的にお客様の問題点や課題を”見える化”するのに役立ちます。

それぞれの『』に、どんな項目があるのかは、

次回以降ご紹介していきたいと思います。


posted by ITコンサルタント at 08:45 | Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: