2014年12月09日

ナレッジマネジメント、失敗の理由

こんにちは。
営業補佐、開発補佐担当の松永です。

前回は「ナレッジマネジメントへの取り組みの割合」について掲載しました。
成功する企業もあれば、失敗する企業も意外と多くありました。

そこで今回はナレッジマネジメントの失敗事例を探して見たいと思います!
なぜ失敗なのか?ですが、成功する理由は沢山ありますが
失敗する理由から学ぶことこそ大事かと思いました。
という訳で失敗する理由を探してみたいと思います!


・・・張り切って探してみた割には意外と見つからないものですね(汗
暗黙知を集める過程でも失敗事例を集めるのは難しいといいますが、そのせいでしょうか。
ともかく少し集めてみましたので紹介します。

・経営層にはなかなか理解し難く思うように投資ができない。
 費用対効果が見えづらいモノなので投資をためらってしまいます。
 ナレッジマネジメントは知識管理・知識経営というぐらいですから
 組織全体で取り組むためには、上層部の理解と協力なしには始まりません。
 何故必要なのか…説明できますか?
 また、限られた予算でも努力次第では素晴らしいモノが出来るかもしれませんね。

・とりあえずやって見たが上手く行かなかった。
 目的やゴールがハッキリしないまま、とりあえずツールを導入してみた…そんなケースですね。
 導入して満足してしまうなんてこともあります。
 目的やゴールがハッキリしないまま進めてしまうのもよくないですね。
 まとめ役が(なるべく部長クラス)がしっかりと必要性と説き、
 周囲を巻き込みながら進行していくことも必要ですね。

・導入当時はよかったが、時間が立つに連れて利用されなくなった。
 必要だった情報も時間が立つに連れて必要とされなくなることもあります。
 検索キーワードや利用者などの統計を取りながら
 常に利用者が求める情報を掲載し続けることも大切ですね。

・ナレッジが蓄積されない。
 告知もないまま進めた場合や入力を強要した場合、環境が整備されていないなど
 ケースは様々だと思いますが、しっかりと周囲に意義を説明して始めることが大切ですね。
 時にはある程度の強要が必要なこともあるかもしれません。
 もしくは、評価制度の導入など場合によっては有効かもしれません。

皆様に心当たりがありましたか?
他にも失敗する理由はいくつもあると思います。
既に運用している方も、導入を検討している方にも参考になればと思います。

posted by CBIT松永 at 23:20 | Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: