2016年07月29日

Andromium 〜PC要らずな時代の到来か!?〜

皆様、こんにちは。
ナレッジリング、営業・開発補佐担当の松永です。

今回はナレッジマネジメントとは全く関係のないお話しですが
しばしお付き合いをお願いします。

先日、妻からスマホの画面が映らないのだけど…と相談を受けました。
問題のスマホを見てみると、電源は入るのですが画面が真っ暗…。
スマホ自体は動いてはいるのですが、画面が映らないので何も操作ができない状態でした。
さて、どうしたものか…。

幸い保障サービスに加入していたため、新しいスマホと交換が出来ることはわかりましたが
データ移行が出来ない…ということに気付きました。
そう、画面が真っ暗なため電話帳などのバックアップを取得する術がないのです…。

そこで何か方法はないかと色々探してみたところ
Andromium」というキーワードに辿り着きました。

Andromium」とはスマホの卓上ホルダのような機器で
スマートフォンの画面をWindowsのような操作感でPCモニターに画面を映しながら操作できるものだそうです。
マウスやキーボードも接続できるので、よりWindowsに近い形で利用が可能になります。
※Android4.4以上のOSにMHLの機能を搭載したスマートフォンやタブレットが対象になります。

この他にも「Superbook」や「NexDoc」という
ディスプレイとキーボードが一体になった製品もあるようです。
キーボードとタッチパッドが使えるため、ノートPC感覚でスマホが操作できます。
お値段も約1万円とリーズナブルですね。

これなら画面が真っ暗なスマホでも…と思ったのですが
予め「Andromium OS」というアプリをスマホにインストールしなければならないそうで…
私の思惑は外れてしまいました。

そもそも「Andromium」に関しては、Googleからの圧力もあり製品化は見送られたとか…。
「Superbook」や「NexDoc」は開発段階でまだ製品化されておらず…。
ちょっと残念な結果でした。

しかし、スマホを大きな画面で見ることができればスマホ首など身体への負担も軽減されますね。
一般家庭ではWindows製品を利用している方も多いと思いますが
WindowsはOSが変わる度にPCを買い替える、なんてこともしばしばありますよね。
その点AndroidはOSの更新は無償で行えます…が、ある程度の期間で機種変更は必要ですけどね。
PCとスマホと定期的に買い替えることは家計にも優しくありません!
今後のAdromium関連の製品には期待したいところです。
やがてはPCが要らない時代もくるかもしれませんね。

今回はこの辺で失礼します。








さて、妻のスマホのデータはどうなったかというと…
幸いにも写真などのデータはPC経由で取り出し、
電話帳は過去のバックアップから復元が出来たのでまぁ良しとしました。

後は、子供のゲームデータだけなのですが…怒られそうです(汗

気を取り直して、もう少し調べてみると
HMLケーブルというのがあれば、スマホとテレビを接続できるようです。
もっと簡単な方法がありましたね…。
しかしテレビと接続したところで、壊れたスマホの画面が表示されるのか?
とりあえずHMLケーブルをネットで購入してみました。
さてどうなることやら…。


posted by CBIT松永 at 17:26 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。