2017年03月31日

AI(人工知能)は、学習データが命

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

このブログでは最近頻繁に「AI人工知能)への取り組みを進めています。」と言っていますが、
取り組み始めた初期の頃よりだいぶ知見が蓄積されたように感じています。
今回は、その状況について少しだけお話したいと思います。

一つ前の投稿で、AI4つの分野音声認識画像認識機械学習テキスト解析について
紹介させて頂きました。
私たちが取り組んでいるのは、この中で言うとテキスト解析の分野です。
自然言語処理とも言われますが、要するに、
コンピュータが人間の会話を理解しそれに応じる技術のことです。
しかし、コンピュータがそれなりに人間の会話を理解出来るようになるには、
たくさんのことを学習させなければなりません。
「コンピュータにたくさんのことを学習させる」というのは、具体的に言うと、
「コンピュータに膨大なデータを投入する必要がある」ということです。
では、この膨大なデータをどうやって集めるかというと・・・
一般的に“良し”とされているのは、サンプルで用意した文章ではなく実際の会話だと言います。
ところが、これを収集するには時間と手間がとても掛かるのです。
単に会話を収集するだけであればSNSなどから大量なデータを入手できるでしょう。
でも、ビジネスでAIを取り入れようとするなら、一般会話を覚え込ませてもあまり意味はありません。

ところで、あなたは業務中に、社内または業界内でしか通じない単語を用いて会話することはありませんか?

例えば、インバウンドという単語。
最近は日本に旅行に来る外国人が増えたので、
一般の人でも「インバウンド」と言えば「外国人旅行者」と理解する人が多いかと思います。
この意味での「インバウンド」は、旅行業等で使われることが多いのではないでしょうか。
しかし、業種・業務が違えばその意味も変わってきます。
コールセンターで「インバウンド」と言う場合は、お客様から掛かってくる電話のことを意味します。
ちなみに、私はマーケティングに携わっていますが、
マーケティングでも「インバウンド」という単語を使います。
コールセンターで使う場合の意味にほぼ近く、お客さまからの問合せのことを指します。

もう一つ例を挙げてみましょう。
私が所属しているIT業界ではデフォルトと言えば、初期設定の値のことを言います。
業界人でなくてもITに精通している人なら普通に使う単語かもしれませんね。
ところが、金融業界で「デフォルト」と言うと、債務不履行を意味します。

このように、AIを導入するなら専門用語も的確に理解するように学習させてこそ、
その業務でAIが活きるということになります。
もし、金融業界のIT担当者が「デフォルト」と言ったら?
人間なら文脈から「債務不履行」か「初期設定値」のどちらの意味かを理解できますが、
AIの場合、きちんと学習させておかないと間違った理解の会話が返ってくることがあります。

今、私たちは、ある業界のデータを用いてAIに学習させようとしています。
試行錯誤が続く日々ではありますが・・・
これについては、またの機会にご報告したいと思います!
posted by CBIT池田 at 17:44 | Comment(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: