2018年07月13日

学習データは大事

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

7月14日には東京都心でも猛暑日になるなどまだ7月だというのにうだるような暑さですね。

この先も暑い日が続くようですので体調には気をつけたいものです。

さて暑くなってきてそろそろ怪談の季節も近いという事で

少しホラーな人工知能関連のニュースを見つたのでご紹介させていただきます。

なんでもこの度マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが

人工知能を活用した「サイコパス」なアルゴリズム「ノーマン」を開発したという事です。

「ノーマン」という名前はアルフレッド・ヒッチコック監督の名作映画「サイコ」の登場人物

「ノーマン・ベイツ」にちなんで名づけられているそうです。

MITの研究者は「ノーマン」の訓練にあたって

死者などに関するグロ画像やグロ動画およびその内容を説明するダークな文章などの

偏った情報だけを与え続けたそうです。

その結果「ノーマン」は、精神鑑定などの際に利用されるロールシャハテストで

グロではない通常の学習を受けたアルゴリズムと比較してアウトな答えだけをするようになったそうです。


ロールシャハテスト1

通常のアルゴリズム「枝の上に止まる鳥達」

ノーマン「男が感電死している」


ロールシャッハ01.png


ロールシャッハテスト2

通常のアルゴリズム「花を生けた花瓶を近くでみたところ」

ノーマン撃たれた男

ロールシャッハ02.png



MITといえば「脳細胞のように作動するチップ

など人工知能の研究などでも知られていますが、

サイコな人工知能の「ノーマン」で実証したかったのは

人工知能の背後にあるデータの重要性だったようです。

人工知能がサイコになるのも善良になるのも結局は学習データ次第という事が

あらためて証明された良い例だったのではないでしょうか。

そうえば2016年にマイクロソフトのチャットボット「Tay(テイ)」が

ツイッターユーザーのいたずらの結果

人種差別的な発言ばかりするようになったというニュースもありましたが、

今回の「ノーマン」の例を見て学習データって本当に大事だと思いました。

それでは今回はこのへんで。



posted by CBIT鈴木 at 17:29 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: