2018年08月10日

「AIで仕事がなくなる」はウソ?

どうも。
営業担当の宮澤です。

本題に入る前にまずは、前回私が書いた記事の最後に書いたW杯優勝国予想の結果から。

私はずばり

ベルギー!!

と予想していたものの結局優勝したのは、、

フランス!!

でしたね。。残念!
とは言え今年のベルギーは本当に素晴らしかった。
ベスト16の日本戦でも底力を見せつけてましたし、
日本戦終了後のベルギー選手や監督のコメントもよかった。
今大会でがっつりベルギー代表のファンになっちゃいましたよ。

そして本当に強かったのはやっぱりフランスですよね。
グループステージでは多少の不安定さもありながら、
決勝Tでは見事に修正して王者に輝きました。

グリーズマン、エムバペ、ポグバ、カンテ、ユムティティ、ヴァラン…
とまぁメンツだけみればウイイレばりのチートチームなので、
ある意味優勝は必然だったのかも。。

中でもエムバペは圧巻だったなー。

エムバペ半端ないって!
だって相手選手めっちゃ置き去りにするもん!
そんなんできひんやん、普通!


…うん。

さて、そんな感じで今年の流行語大賞候補のネタも挟んだところで、ここからが本題です。

みなさんは「AIで仕事がなくなる」という話を聞いたことはありませんか?
これってもともとオックスフォード大学やNRIが発表した研究結果がもとになって、
どのメディアでもこぞって取り上げていたネタですよね。

でもよく考えてみてください。
最初にオックスフォード大学が研究結果を発表したのが2013年で、
あと10年〜20年もすれば仕事の49%がAIによって自動化されてなくなると言われていました。

あれからすでにもうすでに5年が経過したわけで、
本来であれば10〜15%くらいは自動化されていないと計算が合わないんですよね。

ところがどうですか?どの企業も仕事がなくなるどころか人手不足でみんなヒーヒー言ってますよね?
実際のところ、AIによって代替えされた仕事ってまだまだほんの一部なんですよね。

ではAIによって仕事がなくなるという説はウソだったのか?
で言うと結論ウソではないと思います。

さすがに近い将来49%もの仕事がなくなるとは思いませんが、
これからもAIによって仕事が減っていくのはおそらく事実であり、
例えばデータ入力などの単純作業や、電子部品製造工のような機械工の仕事、
更には自動運転技術の発達による運転手の仕事もなくなっていく可能性が高いです。

逆にAIが不得意としていることは、
「物理的行為」「対人折衝」と言われており
例えばサービス業や流通業などの、いわゆる対人スキルや肉体労働が求められるような実務的な作業は、
まだまだAIでの代替えが難しいのではないでしょうか。

このように、AIにも得手不得手が現状は存在しているわけで、
研究結果にあった2020年〜2030年くらいまでに約半数の仕事がなくなる、ということはなさそうですが、
一方で今ある仕事の種類自体、減少傾向にあるのは間違いなさそうです。

ただし何も悲観的に考えることはないと個人的に思っています。
今ある仕事が減ってもその分、時代とともに必要とされる新たな仕事はきっと出てくるはずですし、
AIをうまくコントロールしながら新しいものを創出できる人・企業であれば、
むしろ今以上に成長していけるのではないでしょうか。

いずれにしても、「人とAIは今後どう共存していくのか」というテーマは、
今後しばらくはホットな話題になりそうですね。

それでは今回はこの辺で!



posted by CBIT宮澤 at 17:23 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: