2018年08月24日

AIとグリーンIT

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

8月もあと少しで終わりですがあいかわらず残暑が厳しいですね。

2018年は最高気温が40℃を超えた観測地点がなんと10地域もあったようです。


2018年夏の最高気温のランキング

これも地球温暖化の影響でしょうか。

これだけ暑いとエアコンの稼働率も上がって電気の使用量も上昇しそうです。

そんな中Googleはデータセンターの冷却に人工知能(AI)システムを利用して

冷却効率を大幅に改善させているそうです。

このシステムは2010年にGoogleによって買収されたイギリスのDeepMind社が開発し

2016年にはGoogleのデータセンターの冷却効率をAIを使うことで

40%も向上させたと発表して注目を集めました。

データセンターはインターネット用のサーバーやデータ通信システムなど

大量の熱を放出する機器を大量に設置し、運用している施設です。

Googleのように巨大な企業になると所持しているデータセンターも

大規模なものになると思われるのでこの効率化の効果は非常に大きかったと思われます。

DeepMindが開発したAIを利用する冷却システムは

AIがデータセンターの使用状況をモデル化して

 1時間後のデータセンターの温度を予測し、

 適切な対策を提案する」

というもの。

大量のデータによって訓練されたシステムは、人間の管理者の経験による運用と比べて

40%もの効率化を達成することができたということです。

開発当初のこのシステムはAIは対策を提案するだけで

実際の制御は人間のオペレータがおこなう必要があり運用が大変だったようなのですが、

IoTなどの進化に伴い冷却システムの制御までも自動で行える

人間の手作業を必要としない冷却システムに進化しているようです。

とはいってもシステムの不具合が出たときの対策として

すぐに人手に制御を戻すなど安全対策も万全なようです。

Googleは2017年8月ごろから新しいAI制御の冷却システムを導入し、

2016年の導入当初と比較して12%の効率化を達成し、

その後も運用をつづけていくうちにAI自身が新たなデータを蓄積して

冷却システムの効率化を進めたことにより

2018年7月の時点ではそれまでと比較して30%の効率化に成功したと発表しているので

2016年以前に比べると格段に効率化できた事になりますね。

世界中の電気の4割は石炭火力発電によって発電されているという事なので

Googleのこうした取り組みは使用電力の削減につながり

地球温暖化のペースを遅らせる手助けとなるかもしれません。

工場などの大規模な設備は使用する電力量も多いと思いますので

電力コスト削減の面からも今後、電力効率化のために

こうした人工知能の導入が進んでいくのではないでしょうか。

グリーンITは辞書的なはっきりとした定義はないそうですが、

地球環境への配慮の思想を情報通信技術に適用した思想を指すものだと思います。

今回ご紹介したGoogleのデータセンターのような事例は

グリーンITに分類されるものだと思います。

Googleのデータセンターの事例ではAIを導入することで

非常に大きな冷却効率の向上が得られたようです。

今後グリーンITの分野でも人工知能の導入が進んでいくと

地球環境の改善に効果が見込まれるのではないでしょうか。

それでは今回はこのへんで。




posted by CBIT鈴木 at 17:04 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: