2018年09月21日

「人工知能研究」で日本が世界に勝てない理由

どうも。
営業担当の宮澤です。

最近こんな記事を読みました。
(出展:ITmedia NEWS)

この記事によると日本が人工知能(AI)研究で世界に勝てない理由は大きく2つ。

1.技術の取り入れ方が非常に遅いこと
2.若い人が力(裁量)を持っていないこと

だそうです。

ディープラーニング(深層学習)の登場で第三次人工知能ブームが訪れてから数年たち、
特にアメリカではGoogle・Apple・Facebook・IBM・Microsoftなどのモンスター企業が、
こぞって優秀なAI人材の獲得に注力していると言われています。

一方で、日本に目を向けるとAIという分野において出遅れている感が否めません。
理由は先ほども述べた通りですが、特に大企業の上層部や経営者たちが「新しいもの」への理解がなく、
拒否感を示す人も多くいることが問題のようです。

また、若手に裁量権が与えられていない企業も未だ多く存在していて、
「新しいもの」へチャレンジするフィールドが用意されていないこともまた、
日本が世界に出遅れてしまう大きな要因になってしまっているんですね。

弊社でも最近多くのAI絡みのご相談を受けるようになってきましたが、
話がとん挫してしまうそのほとんどが、まさにこの記事で書かれていることと重なります。

「現場ではその重要性・良さを理解しているものの、上層部がやりたがらない。」

ほんともう記事の内容そのまんま、という感じですよね。。
若手だったり現場だったりはAIやチャットボットなどの最新技術を取り入れたい、
と熱望しているのに上層部はその良さをイマイチ理解できていないし面倒だからやりたくない、と。

なので最近では社内承認向けにうちで資料を作成するケースも増えてきました。
なぜ今AIなのか、チャットボットとは何か、みたいな書き出しで資料を作ってほしいとよく要望されます。。笑
まぁそれくらい、経営層には基本的なところから理解してもらわないと話が進まないということでしょうね。

以下の文章が、今回の記事を総括してくれています。

“保身もあります。若い人は守るものがないので、新しい技術を柔軟に取り入れますが、
立場があればあるほど保身に走ってしまう。それは経営者にしても同じでしょう。
日本の経営は短期のP/L(損益計算書)を気にするので、新しい挑戦をしたがりません。

この20年間で、日本の技術者は自信を失っていると思います。
成功体験をしていないので、新しい技術を見たときに、これを使って大きな事業を起こしてやるんだという発想が
湧いていないように感じます。”

まさにその通りですね。

でもだからこそ、「新しいもの」への理解がある経営層・上層部がいて、
若手にも裁量権が与えられているようなベンチャー企業はチャンス、とも松尾さんは仰ってます。

弊社でも今は積極的にAIやチャットボットの開発・事業展開に注力しておりますし、
何より経営層が中心となって取り組んでいるので話の進みが圧倒的に早いです。

ちなみにですが、、、もしAIやらチャットボットやらを導入してみたい、
もしくは話だけでも聞いてみたいという方は直接私までご連絡いただければと思います。
AI・チャットボットの有効活用方法はもちろんのこと、
社内承認を得るところも全力でサポートさせていただきます!

なんと、今なら両サービスとも初月無料キャンペーンやってますよ〜!!
※期間限定ですのでお早めに、、、

■AIチャットボットを搭載したクラウド型情報共有システム

■ビッグデータや社内に蓄積されたデータを可視化するデータディスカバリーサービス

ということでいつも通り、最後は結局宣伝でした。
それでは今回はこの辺で!



posted by CBIT宮澤 at 15:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: