2018年11月16日

AIの法則

 こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

11月も後半という事で日ごと寒気加わる時期となりました。

これからどんどん気温が下がり空気も乾燥していきますので

風邪などひかないよう体調管理には気をつけたいものです。


 ところで皆様は「Watsonの法則」とう言葉を聞いた事はありますでしょうか。

今年3月に米ラスベガスで行われたIBMの年次イベント「Think 2018」の時に

CEOのGinni Rometty氏がキーノートの中で使った言葉です。

情報通信の世界では25年周期で大きな変化が起こると言われています。

「ムーアの法則」(半導体の集積度は18カ月で2倍になる)

約50年前に誕生し今日まで続いています。

その25年後には「メカトーフの法則」(通信網の価値は利用者数の2乗に比例する)

が誕生し社会を大きく変革しました。「メカトーフの法則」誕生から25年後にあたる

2018年は人工知能(AI)の進歩が目覚ましくこれまで有効に活用されていなかった

企業が保有するビッグデータを人工知能(AI)で処理して洞察を加える事により

データの価値が指数関数的に高まる「Watsonの法則」という新しい現象が

誕生しつつあるそうです。Ginni Rometty氏はIBMのCEOなので

「Watsonの法則」とう言葉を使っていますが

そのまま「AIの法則」と言い換えられると思います。

そうした「AIの法則」の兆候を反映してかニュースでもAI関係のトピックが

本当に多く取り上げられている印象です。

最近ですと中国の人間にそっくりなAIアナウンサーが紹介され

リアル過ぎるとして注目されたのが記憶に新しいところです。


AIアナウンサー.png
※公式動画はこちらからご覧いただけます。(ブログ執筆時点)

この他にも総合スーパーのAEONではお酒の通販サイトにチャットで質問に答えると

好みのワインを選んでくれる「AEON de WINEのWEBソムリエ」を設置して

販売促進に活用しているようです。

ワインソムリエ0.png

ワインソムリエ1.png


変わり種としては面白法人カヤックが寿司専門チャットbot「寿司職人AIガリオ」を

2018年11月9日に公開しています。同社によると

「IBM Watsonの機能を徹底的に無駄遣いし、

 寿司だけを極めた超高性能寿司職人AIに仕上げた」

という事です。私も好奇心から試しに使ってみましたが

言葉に違わず徹底的に無駄遣いしていて感心しました。

ガリオ0.png

ガリオ1.png

気になる方は下記のURLで表示されるQRコードから

ガリオをLINEの友達登録してみてください。



 装置の故障予測、医療カルテの分析、物流の需要予測など、洞察系など

人形を伴わない人工知能(AI)が活用されているというトピックも増えてきましたが

AIアナウンサーのような人形をしたAIのトピックがニュースなどでは

まだまだ好んで取り上げられる印象ですね。

そういえば弊社でもチャットボット関連の製品も取り扱っておりますので、

もしご興味があればお気軽にお問い合わせいただければと思います。

それでは今回はこのへんで。



posted by CBIT鈴木 at 17:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: