2019年03月29日

AI×採用2019

お久しぶりです。宮澤です。

まずは私事で恐縮ではございますが、
この度正式に採用担当マネージャーの役職も会社からいただきました!

これまで通り営業としての業務はこなしつつ、
採用担当としても日々活動していくことになります。
(まずは新卒採用担当として、20卒の採用に取り組む予定です!)


そ・こ・で・・・


今回は以前にも題材として取り上げたことのある、
AIを使った採用について、ツラツラと書いていこうと思います。


実は、私がこの会社にジョインして最初に書いたブログが、


だったのですが、それからもう1年半にもなるんですね・・・。
時の流れはなんとやら、ですね。

さて、記事内では「AI面接官」などのHRテックについて触れてますが、
その後世の中のHRテック、特に採用活動におけるAI導入事情はどうなったのでしょうか?

先に結論から申し上げますと、
少なくとも採用におけるAIの導入は正直そこまで進んでいないようです。

HR総研の「2019年&2020年新卒採用動向調査」によると、
20卒採用でより重要になると思われる施策の中で「AI活用」はなんとたったの7%に留まっております。

もう少し細かく見ていくと、大企業(記事内では1,001名以上の企業と定義)が
エントリーシートの判定に「AIを活用する」と回答したのはわずか5%のみで、
中堅企業(記事内では301名〜1,000名と定義)においては
面接時のAI活用に「関心がある」と回答した企業はたったの4%でした。

AI先行導入による企業側のメリットとしては、

・書類選考における業務の効率化、時間短縮
・採用担当者の「主観」に左右されない公平性
・過去データに基づいた選考による「ミスマッチ」の低減
・業務効率化によって得られた時間を有効活用できる

などが挙げられるかと思いますが、一方でHR総研の調査結果によると、
AIによる選考を支持する学生(賛成派)は、文系19%理系25%といずれも2割前後とのことで、
どうやら選考される側からすると、
「自分の大切な人生を機械(AI)に左右されたくない」という抵抗感があるようです。
まぁなんとなく理解はできますが・・・。

そしておそらく企業側も何となく同様のことを感じていて、
AI導入に懐疑的だったり二の足を踏んでしまっているのかなという印象です。

以上のことから、AIを活用した採用はメリットが十分に存在しているものの、
それが当たり前になるまでにはもう少し社会全体でAIに対する理解が深まってから
ということなりそうですね!

ちなみに、個人的にはAIを活用した採用はもちろん「賛成派」です。
それではまた!



posted by CBIT宮澤 at 11:58 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: