2019年08月30日

令和元年はHRテック元年?

お久しぶりです。
CBIT営業兼採用担当の宮澤です。

最近は営業的な動きだけでなく採用の方にもだいぶ時間を割くようになり、
合同説明会への参加やインターンシップの企画・実行など、
これまであまり経験してこなかったような業務に追われている毎日です。

忙しいですが充実している!という感じでしょうか。

さて、そんな私のブログでは定期的に人事×テクノロジー関連の内容、
いわゆるHRテックの記事を何度か書いてきましたが、
令和に突入した今もHRテック熱は冷めるどころか更に熱くなってきている印象です。

最近では熱くなりすぎた事例として、
リクルート社の“リクナビDMPフォロー”なんかが問題になってましたね。。

ちなみにあのサービスは、企業に対して応募してきた就活生の内定辞退率を、
5段階にスコア化して企業側に提供(販売)するというもので、
このスコア算出をするためにリクナビでの行動ログを使ったことが問題になりました。

まぁ厳密にいうと、プライバシーポリシーの同意取得のプロセスに不備があったことが問題なのですが、
いずれにしても学生側からしたらたまったもんじゃないですよね。

これによって実際に企業側から不採用にされたケースも少なからずあったと思いますし、
(リクルート側は、選考に利用することはないと了承した企業にしか販売していないと主張していますが・・)
人事領域へのテクノロジーの介入に強いアレルギー反応を示す学生がまだ多くいることも事実です。

どこまでを人が行ってどこまでをテクノロジーでカバーするのか、
このあたりのバランスをうまく取れている企業が今後採用力の高い企業となっていきそうです。

ちなみに補足ですが、ミック経済研究所が行った調査結果と今後の予測によると、
2019年度のHRテッククラウド市場規模は355億円が見込まれ、
2023年までには1,000億円以上まで拡大する、と予測されています。

キャプチャ.PNG

面倒なルーチンワークを効率化するAIやRPAだけでなく、
人事領域における様々な場面にあったテクノロジーがこれから更に誕生しそうですが、
それが企業側・学生側ともに幸せにしてくれるものであるといいですね。

それでは今回はこのへんで!
posted by CBIT宮澤 at 15:18 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: