2019年09月27日

今注目のスポーツテック最前線

こんにちは。
営業兼人事の宮澤です。

突然ですが皆さん、スポーツはお好きですか?
私はというとやるのも観るのも大好きなのですが、
最近スポーツの分野においてもテクノロジーの技術を目にする機会が増えてきました。

そう、いわゆるスポーツテックと呼ばれるものです。

政府による「日本再興戦略2016」の柱の1つでもあるスポーツ産業の未来開拓ですが、
その拡大を支えているものの1つがこのスポーツテックです。

例えば、試合中の選手の動きを収集したデータAI等で分析し、
チームの強化に用いるデータアナリティクスは今やプロスポーツでは常識となりました。

また、最近では試合中の様々な判定を人ではなくテクノロジーが行うケースが増えていますよね。
(VAR、ゴールラインテクノロジー、などなど・・・)

そして最近ではこんな面白いイベントが開催されていたようです。

出典:Engadget日本版

電通社と日経ベンチャーキャピタルのScrum Ventures社による共同イベントだったようですが、
いずれのテクノロジーも目を見張るものばかりですね!

個人的には、競技会場を3Dマップで再現し予約した席から競技がどのように見えるのかを、
分かりやすいグラフィックで表示できる3D Digital Venueがいいなと思いました。
チケットを取ってみたものの、実際に席についてみたら見え方がイマイチだった。。
なんてこと結構ありますよね。

このように、これからもスポーツをやる側にとっても観る側にとっても、
テクノロジーは欠かせない存在となっていきそうです。

私もスポーツは大好きなので引き続きスポーツテックの最先端を追いかけていきたいと思います!
それでは今回はこの辺で。
posted by CBIT宮澤 at 12:03 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: