2014年10月08日

最近の傾向

こんにちは。
営業補佐、開発補佐・・・と毎度ながら微妙な立ち位置の松永です。

毎月コンスタントにナレッジリングのお問合せを頂いておりますが
最近ではお問合せ頂いたお客様のニーズが少し変わって来ているようです。
では以前とどこが違うのか?

まずは主なケースをいくつかご紹介しますと

情報共有システムを有料会員制のサイトとして利用するために
 ご登録頂いたユーザー様から課金するため決済システムと連携したい!

・ポータルサイトを介してGoogleAppsと情報共有システムを連携したい!

・グループウェアと情報共有システムを連携したい!

・CRMとFAQシステムを連携したい!

お分かりかと思いますが
「他のアプリケーションとの連携」ということです。
つまりシステムに付加価値を付けて利用したい
ということを考えているお客様が最近多くなったのでは、と感じました。

情報共有システムを単体で利用することでも十分価値はありますが
他のシステムとデータが連動すれば利用価値も数段上がりますよね。

これからは情報共有システムも単一で利用するのではなく
何か付加価値を付けて利用したい、と考えるようになったのかな...感じました。

ナレッジリングも機能のカスタマイズはもちろん他のシステムとの連携も可能です。
グループウェアとデータを連動させた実績もあります。

色々な形での連携が考えられますが、それはお客様次第です。
これを機会に是非ナレッジリングとのコラボを考えてみてはどうでしょうか。
posted by CBIT松永 at 14:38 | Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

共有のカタチ

※時間のない方は黄色の背景色だけを追ってみると15秒で読み終えます。

先日お客様で作業をしていた時に、お客様の業務を改めて知る機会がありました。
業務の1つに営業がありますが(実際には営業ではないのですが営業とした方が話しやすいので)
彼らは当然ですが外でお客様と接する機会が多く、1日の大半は外で活動しております。
現在6人ぐらいの営業さんがおりますが1人で約10顧客ぐらいを担当しているそうです。

そんな営業さん達ですが、会社起業当時(平成15年)からあることを欠かさず行っているそうです。
それは研修会だそうです。毎月最低でも1回は研修会を行っているそうですが
私の見る限りでは隔週ぐらいで研修会を行っているようです。
この企業様は教育にも力を注いでいるようでその一環として研修会を行っているそうです。

研修会の内容ですが、営業さん達が外で行っている活動のフィードバックが主なようです。
その際に彼らの営業行動の中であった出来事でこの場合はどのように対応すべきかなど
ブレインストーミングを行っているようです。
こうやって彼らの間では情報を共有しているようです。

素晴らしい!と思う反面、記録として彼らの頭の中だけにとどまってしまうのが凄く残念に思います。
多分1〜2時間の間では、彼らの日々の活動の全てを話すことは出来ないかと思います。
その話せなかった内容は彼ら1人1人の中にとどまってしまうことでしょう。
また忘れてしまうこともあるかもしれません。
そう思うとやはり記録として書き残しておく方がよいかもしれませんね。
彼ら自身にとっても、また、次の世代への教育などにも役立ちます

情報共有のカタチは人によって様々ですが、
自分のためにも他人のためにも書き記してあるようなカタチであると嬉しいですね。
なんとかナレッジリングを有効活用できないものか…と作業をしながらそんなことを思いました。
posted by CBIT松永 at 10:09 | Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

お役に立てれば幸いです

こんにちは。ナレッジリング開発補佐・営業担当の松永でございます。

先日、営業担当からあるお客様からデモの依頼を受けたことを聞きました。
そのお客様は事前に現状と課題などをまとめた資料を送付されていたので少し拝見しました。
その中に現在ご利用のツールが「使われないモノ」になってしまっているとありました。
もう少し詳しく見てみるとツールを理想の形にカスタマイズすれば
利用者も利用してくれるのではないか…という感じを受けました。

そもそもの「使われない理由」はどこにあるのだろうか?
今の業務のあり方自体に問題はないのだろうか?
そんなことを考えてしまいました。

別のツールを使えば改善されるということもありますが
問題の本質を理解し解決しないと同じことの繰り返しになってしまうと思います。

弊社ではツールのデモを行うだけではなく
ナレッジマネジメントに課題を抱えているお客様に対して
お打ち合わせをさせて頂き、お客様の課題を把握して解決に導くため
今まで培ってきた経験を元にアドバイスをさせて頂いております。
デモのご依頼だけではなく、お客様の抱えている課題を弊社担当者に是非ご相談ください。

弊社では事例もいくつかご用意させて頂いている他
最近ですが「FAQ活用のための10のヒント」という
FAQの活用、情報共有ナレッジマネジメントについて考察し小冊子にまとめました。
こちらは、お問合せ頂いたお客様には無料で提供しております。
ナレッジマネジメントの課題解決のヒントになればと思いますので是非お申込みください。

posted by CBIT松永 at 18:39 | Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする