2019年12月06日

人口知能(AI)でオレオレ詐欺を防止

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。
気がつけば12月。今年も残すところあとわずかとなりました。
寒い日が続いていますので、お風邪など召しませぬようご自愛ください。

ところで、近年増加している特殊詐欺の防止に
人工知能(AI)を役立てようという取り組みがあるのをご存知でしょうか。
NTTの「特殊詐欺解析AI」や
NECの「声認証技術を強化した個人の高精度認識」が
実用化に向けて実証実験を行っています。
こうした取り組みは実用化されれば大きな社会貢献が期待されますが、
実用化にあたってはクリアしなければいけない課題もあるようです。

平成28年(5,753件)、平成29年(8,496件)、平成30年(9,145件)。
警察庁が発表している各年度のオレオレ詐欺の認知件数です。


特殊詐欺認知件数.png

出典 : 警察庁 「平成30年における特殊詐欺認知・検挙状況等について(確定値版)」

オレオレ詐欺は平成29年に認知件数が急増しその数は増え続けています。
被害総額も平成30年は188億9千万円に上り、オレオレ詐欺は大きな社会問題となっています。
こうした社会問題の解決に人工知能(AI)を活用しようとする取り組みが
NTTの「特殊詐欺解析AI」やNECの「声認証技術を強化した個人の高精度認識」です。
まずNTTの「特殊詐欺解析AI」について。
NTTの「特殊詐欺解析AI」はご家庭の固定電話に特殊詐欺対策アダプタを設置し、
録音した通話内容をクラウドに転送し、特殊詐欺解析AIが通話内容を解析します。
AIが解析した結果、特殊詐欺であると疑われる場合には、
あらかじめ登録されたメールアドレスに注意喚起メールを送信するという事です。
NTTの「特殊詐欺解析AI」は犯行に使われる頻度の高い「銀行口座」「振込み」など
数百のキーワードが会話の中でどのように使われるかを解析し
特殊詐欺である可能性を判定するところに特徴があると思います。

NTT特殊詐欺解析AI.gif

出典 NTT持株会社ニュースリリース 「特殊詐欺解析AIを用いた実証実験の実施等について」

次にNECの「声認証技術を強化した個人の高精度認識」について。
オレオレ詐欺は息子や娘など高齢者の親族を騙る手口が多い事が知られています。
口やのど、鼻など発声器官の形状には個人差があり、声は個人ごとの特徴があるので
声認証はその特徴をAIが解析し、電話相手が本当の親族か判別するのに役立ちます。
判定にかかるのはわずか5秒。雑音などがまじった状態で95%の精度で個人を識別できるそうです。
声認証なので特殊詐欺の判定に「銀行口座」「振込口座」などのキーワードに依存しません。

NEC声認証技術.jpg



出典 NEC 「NEC、声認証技術を強化、5秒で個人を認識可能に」

いずれの取り組みも実用化されればオレオレ詐欺の防止におおいに役立つ事は間違いないでしょう。
しかし、実用化にあたっては解決しなければいけない課題もあるようです。下記のような課題が挙げられます。
  • プライバシー
  • 心理的バイアス
  • 費用

プライバシー
電話の会話内容をネットワークを経由してアップロードする事になるので、
プライバシーが必ず守られる仕組みが必須です。

心理的バイアス
2016年に内閣府の行った「特殊詐欺に関する世論調査」によると、
「自分は特殊詐欺の被害にあわないと思う」と答えた人の割合は年齢を重ねるごとに高くなり、
実際の被害の分布と逆の傾向を示していたそうです。
特殊詐欺にあう可能性が高い人がその自覚を持つ必要があります。

費用
通話内容をアップロードするための機材の導入や
親族の声の特徴を学習させるためには費用がかかります。
こうした費用をどう利用しやすい価格に設定できるかが実用化の鍵になるのではないでしょうか。

とはいえ、実用化されれば年間188億にものぼる被害を減らすのに役立つので
実用化されて欲しいものです。

それでは今回はこのへんで。
posted by CBIT鈴木 at 12:21 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

AIの活用事例をお探しですか?

みなさんこんにちは。
営業・採用担当の宮澤です。

弊社では今月から新たに2名が入社し、
いよいよ今のオフィスの限界も感じている今日この頃です。
とはいえ人が増えていくというのは採用担当としては嬉しい限りです!
今後も引き続き営業・採用と2足のわらじで日々尽力します。

さて、みなさんは社内にサービスやシステムの導入を検討する際に、
どんな手順を踏んで何を行いますか?

基本的にはネットやらで情報を調べて、資料請求して比較検討して・・
みたいなことを行うと思いますが、その際に必ず「活用事例」も探しませんか?

弊社でも自社サービス・システムを取り扱っておりますが、
お問合せやアポに行った際に必ず「活用事例を教えてください」と言われます。

特に上層部の方々は好きですよね、活用事例。
社内稟議を通す上でも活用事例を求められることも少なくないと思うのですが、
そんな皆様に朗報です!

「AI活用の発想と実装をつなぐ」をモットーに掲げている株式会社レッジが今月18日に、
AI活用事例の検索プラットフォームe.g.(イージー)のOpen-β版をリリースしました。

詳しくは以下の記事をお読みいただければと思いますが、
これからAIの導入を検討中の企業様にとって参考になるのはもちろんのこと、
AIを扱う企業のご担当者様にとっても他社事例を学ぶことができる素晴らしいサービスではないかと思います。

出典:AI:人工知能特化型メディア Ledge.ai

ちなみに、弊社でもこちらのプラットフォームへの掲載を検討しておりますので、
掲載が完了した際はまた改めて共有させていただきますね!

最後に補足ですが、株式会社レッジのCMOは私が新卒で入社した会社の同期ですw
ご興味ある方はつなぎますのでお問合せくださいませ。

それでは今回はこのへんで!
最近寒くなってきましたので皆様ご自愛ください。
posted by CBIT宮澤 at 11:01 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ロゴの商標調査はAIにお任せ?

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

先日、出願申請していたロゴ商標の審査が通ったと弁理士から連絡があり、登録証書が届きました。
商標登録自体は過去に幾度か経験がありますが、無事に登録されたと連絡があるとほっとするものですね。
審査には長い時間が掛かるので、弁理士から連絡があるまですっかり忘れているのですが(苦笑)

実は、過去に自力で商標登録しようとして通らなかったことがあり、
それ以来、調査から申請まで一貫して弁理士に依頼するようにしています。
特許庁のサイトに商標データベースを検索できる仕組みがあるので、
ロゴやサービス名を考える時には類似商標がないか、一応検索はしてみるのですが、
少々難易度が高く、果たして正しく検索出来ているのかどうか自信がないこともあります。


そんなこともあり、最終的に
「商標登録は、やはり知識と経験がないと自力での手続きは難しいのだろう」と
結論付けたのは約7年前。
しかし、あれから時は経ち、AIによる画像認識の精度がかなり向上している今、
「類似商標検索にこそAIが適用されたらいいのに」と常々思っていましたが、
今年の9月、こんなサービスがスタートしました。

画像をアップロードすると、
登録済・出願中の商標の中から類似する商標をAIで検索してくれるサービスです。
“Toreru=取れる”商標検索とは、なかなか自信たっぷりなネーミングではありませんか(笑)
そしてなんと、こちらのサービス、特許庁でも紹介されています!


そこで、弊社の企業ロゴで画像商標検索を試してみました。
・・・が、なぜかヒットしません(汗)

Toreru商標検索を試してみた(1).jpg

結果から検索したい商標画像に似ている画像を選択して、その特徴をもとに再検索することもできるのですが、
それでもダメでした。
ちなみに、テキスト検索ではヒットしました。

Toreru商標検索を試してみた(2).png

私が試してみた限りでは残念ながら期待する結果は得られませんでしたが、
もしこれが、誰がどんな画像を使っても適切な判断ができるのであれば、すごいツールですよね!?
そうなると気になるのが、よく言われる“AIに奪われる職業”。
弁理士もその職業の一つになってしまう可能性があるのでは・・・?
そんなことを思っていたら、先日、こんなイベントが開催されていたようです。


前述の「Toreru商標検索」の開発元である株式会社Toreruが主催し、
自社が開発したAI弁理士知財に関するバトルを行うというもの。

対決テーマは3つ。

・第1ステージ「画像商標対決
 制限時間内に実際に出願された画像商標1つに対し、最も似ている画像を見つけてくる。

・第2ステージ「類比判断対決
 実際に出題された商標を2つ提示し、それが似ているかどうか(類否)を判断する。

・第3ステージ「識別力対決
 実際に出願された商標とその商品・サービスを提示し、特徴があるかどうか(識別力)を判断する。

その結果・・・


 AI弁理士
第1ステージ「画像商標対決LoseWin
第2ステージ「類比判断対決LoseWin
第3ステージ「識別力対決WinLose

AIが大健闘』という見方もありますが、
結論、弁理士の仕事はまだまだAIには奪われないということになりますかね。

今後も引き続き、商標登録の調査・申請は、弁理士先生に依頼したいと思います!
posted by CBIT池田 at 15:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする